【保存版】角栓の取り方!2度と黒ずみを復活させない方法&アイテム

【保存版】角栓の取り方!2度と黒ずみを復活させない方法&アイテム 毛穴アイテム・レビュー
この記事は約7分で読めます。

角栓って気になりますよね。
鼻周りはもちろん、唇の下、眉間なども角栓ができやすい場所です。

白くてニョロニョロしているのも、黒く酸化してしまったものも、毛穴を押し広げてしまいます。
ポツポツ&ザラついた肌は、案外人に見られているもの(´・ω・`)

不衛生な印象を与えないためにも何とか改善したいですが、角栓って一度できると繰り返してしまうことが多い厄介な存在でもあります。

部長
部長

ということで、私が色々と試した結果、最も長く角栓を再発させなかった手軽で簡単な方法をご紹介したいと思います!

角栓はなぜ簡単にキレイにならないの

部長
部長

まず最初にちょっとだけおさらいしておきたいことをまとめますね。

一度できると再発を繰り返す存在「角栓」。
なぜ簡単にキレイにならないのでしょうか。

実は一番の問題は毛穴にあります。

酸化した硬くて黒い角栓、いわゆる「毛穴の黒ずみ」によって押し広げられた毛穴周囲の角質は硬く、その広がりを形状記憶した状態になってしまいます。
毛穴のトラブル・メカニズム
毛穴パックやピーリングなどで強引に毛穴から角栓を取り除いたとしても、毛穴はパカッと口を広げたまま。

さらに強引に角栓を引き抜いたことで、毛穴に空気が入りこみます。
結果、皮脂腺は乾燥を感じて慌てて皮脂を大量分泌。

パカッと開いた毛穴にはファンデや空気中の塵などが溜まりやすく、結果、皮脂と汚れが混じった角栓が再発してしまうのです。

部長
部長

角栓を無くそうを思った場合、一番ケアすべきは角栓そのものではなく「毛穴」です。

毛穴周囲の角質を柔らかくし、角栓が抜けた後にキュッと閉じれるよう、柔らかい毛穴にしてあげることが重要なのです。

ちなみに角栓は毛穴からゼロにすることはできません。角栓は毛穴を守るものでもあります。

部長
部長

大切なのは毛穴から飛び出したり、押し広げてしまうほど角栓を溜め込まないことです!

毛穴を柔らかくする方法

それでは最初に角栓がするりと抜けてしまうような柔軟な毛穴を作りましょう。

その方法(順番)は以下です。

  1. 古くて硬くなった角質を除去する
  2. 肌のターンオーバーを整えつつ、
  3. 角栓を除去する
  4. 皮脂の分泌量を正常化する

では具体的な方法をまとめますね。

洗顔を見直す

洗顔方法

まずはふだんの洗顔を見直してみましょう!

角質除去に効果的なものをプラスする方法

まずは今の洗顔料が気に入ってて変えたくない!けど角質除去力も高めたい!という時の方法。

部長
部長

簡単にできる方法なのでやってみて!

シュガースクラブ洗顔

シュガースクラブ洗顔
泡洗顔の方は、白砂糖を手持ちの洗顔料に混ぜて泡立ててみてください。
量は小さじ1杯程度で十分です。
お手持ちの洗顔フォームの泡立ちがものすごくクリーミーになります。

お砂糖は溶けた時に塩と違い、丸い形状になります。
これが肌を傷めずに古い角質を優しく浮き上がらせてくれます。

さらにお砂糖には保湿効果もあるため、洗い上がりがしっとり。
手持ちの洗顔フォームに混ぜるだけなので、今日からでもすぐに取り入れることができる簡単で手軽な方法です。

ガスールパック

ガスール

ガスールはモロッコでのみ産出される粘土(クレイ)のこと。

部長
部長

お手軽価格で販売されているので取り入れやすいんです。

泥や粘土といったクレイ系洗顔ではマイルドピーリングや角栓・角質の吸着が期待されます。

ガスールというクレイを水で溶いて、洗顔後の顔に塗ります。
10分ほど放置したら洗い流します。

これだけで驚くほど肌が柔らかくなりますよ。
マイルドな方法ではありますが、ピーリング効果もあるので週に2~3回程度にとどめる方が無難です。

部長
部長

固形タイプと粉末タイプがありますが、パックするなら粉末タイプが扱いやすいと思います。

入浴の仕方を見直す

入浴中に揉む
入浴中は血管が拡張して全身の血流が良くなります。

普通にお風呂に入ってるだけでもいいのですが、マッサージをプラスすることでさらに肌の代謝を高め、毛穴を柔軟にする効果が期待できます。

部長
部長

やり方ですが、毛穴が気になる箇所を軽く揉むだけです。

縦に揉んだり、横に揉んだり、斜めに揉んだり。
この時注意するのは、「つい揉みながら角栓を押し出したくなるけれど、そうではなくただ優しく揉む」ということだけです。

マッサージの時間は長くても5分くらい
イメージはふにふにと触る感じ。間違っても肩を揉むような力強さを発揮してはいけません。

入浴中のヨーグルトパック

ヨーグルトパックをする
たかがヨーグルトと侮ることなかれ。
ヨーグルトにはピーリング効果のほか、美白効果、ターンオーバーの改善を促す効果、汚れ吸着効果などがあります。

部長
部長

ヨーグルトの主成分はタンパク質ですが、これが汚れ吸着してくれるんです。

たった一度だけで「色が白くなった」「肌がもちもちになった」という声が多数あるヨーグルトパック。

あとは上がるだけ~段階になったらヨーグルトを顔に塗って、そのまま3~5分おきます。

あとはぬるま湯で洗い流して、いつも通りの保湿をするだけです。

こちらも週に2~3回を目安にしましょう。

皮脂量のコントロールには保湿

一日中潤う肌を作る
湧き出る皮脂量が多ければ多いほど、毛穴は開いて皮脂を分泌します。
これを防止するために重要なのが、長時間「乾かない肌」にする保湿になります。

角質細胞間脂質(セラミド)を流出させない

角質層の水分維持に重要な役割を担う角質細胞間脂質
この内の半数を占めるのがセラミドを言われています。

セラミドは年齢が高くなるにつれて減少傾向になりますが、その減り方は緩やかです。
セラミドが一気に失われてしまう要因としては

熱い湯に長時間浸かる
洗浄力の強い洗剤で洗いすぎる」など。

これにより乾燥が進んだ肌は、それを補うために皮脂が活発に分泌されてテカリ肌になったり、刺激に弱くなったりします。

毛穴の黒ずみが気になる場合には、このようなセラミド不足が背景にあるかもしれません。
まずは上記した2つを意識して改善してみましょう。

一日中潤いを維持する保湿を

普段のスキンケアをして何時間後に皮脂が出始めるか、最初にチェックしましょう。

皮脂でテカり始めたら肌が乾燥している証拠です。
角質の水分が少なくなったことで、皮脂が活発に分泌して乾燥から守ろうとしています。

部長
部長

目標は朝のスキンケアから夜の入浴までテカらない肌づくりです。

保湿ではなく、保湿成分を生み出す成分を入れる

話題なのは、保湿成分を補う”保湿”ではなく、保湿成分を角質内で生み出す成分を補うスキンケアです。

部長
部長

有名どころで言えば、ライスフォースkoseの米肌ですね。

ライスフォースや米肌に配合されている「ライスパワーNo.11」は角質に浸透するとセラミドの産生を促す働きをします。

肌が自分で潤う力を引き出す働きをしてくれるので、長時間潤いを維持できます。

部長
部長

ライスパワーNo.11は国が唯一「水分保持能改善効果」を認めた成分なんです。

実際にライスフォースも米肌も試し、肌が長時間潤いを維持するのを体感しました。

気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。

米肌の公式サイトを見る

ライスフォースの公式サイトを見る

スキンケア以外で気をつけたいこと

角栓ケア中はスキンケア以外にも気を付けてほしいことがいくつかあります。

  • 顔を触り過ぎない
  • 毛穴埋めメイクは避ける
  • 紫外線対策はきちんとしよう
  • 睡眠は十分に取ろう
  • 食生活に注意しよう

顔に触れると、手についた汚れを顔に移すことになります。
毛穴が目立たないよう、毛穴を埋めてしまうメイクも毛穴を押し広げる原因&角栓の元になるため、おすすめしません。

古い角質にある意味守られていた肌も、古い角質を落とすことでより紫外線が入りこみやすくなります。そのため紫外線ケアは毎日きちんと行いましょう。

睡眠や食事は皮脂量をコントロールする上でとても重要です。

部長
部長

こうやって書いちゃうと面倒・・・と感じるかもしれません。
でもできることから意識して取り入れてみることがやっぱり大事ですよ。

目指せ!毛穴レス肌

毛穴レス肌は一日にしてならず。

ですが、少なくとも目立たなくすることは努力次第で目指せるはずです。

まずは今すぐ自分の顔の画像を残しましょう。もちろん加工なしで毛穴がちゃんと分かるよう明るいところで。

それから普段のスキンケアと生活習慣を見直し、改善してみます。

まずは1ヵ月試してみましょう。
その1か月後の肌と今撮影した肌を見比べてください。

さらにその1ヶ月後、また1ヵ月後・・・。どんどんキレイになっていく肌をみるのはとても楽しいです。

部長
部長

できることから一緒に頑張りましょう!

タイトルとURLをコピーしました