【保湿クリーム人気口コミランキング】長時間水分を逃さないクリームベスト3!

保湿クリームランキング 毛穴アイテム・ランキング
この記事は約8分で読めます。

肌に水分を閉じ込める働きをする「保湿クリーム」。
化粧水や美容液に比べ、油分が多い特徴があり、この油分が肌全体に膜を作るように水分の蒸散を防いでくれます。

とはいえ、一体どんな保湿クリームを選ぶべきか迷ってしまいますよね。

ベタつきが気になったり、油分が多すぎる気がしたり、逆にさっぱりしすぎてることもあったりとクリーム選びはなかなか苦戦される方が多いようです。

ここでは以下の3つのポイントを重視しながら、人気の保湿クリームをピックアップしました。

保湿クリームランキングの評価項目

  • 保湿力(長時間潤うか)
  • 使用感(ベタつかない・すぐにメイクできる)
  • 安全性(成分)
  • 敏感肌向きかどうか(肌刺激のある添加物の有無)
  • その他の機能性の高さ(低分子や高機能美容成分の配合の有無)

この5項目で評価しました。→表でチェックする
安全性、敏感肌向きかどうかについてはこちらを参考に成分の一つ一つを調べました。

部長
部長

いずれも
大手口コミサイト「@Cosme」のランキング
SNSの口コミ
をヒントにアイテムを探し、実際に毛穴レス部が試してみて本当に良かったものだけをピックアップしています。

保湿クリーム選びに迷われたらぜひ参考にしてみてください。

【第1位】米肌

米肌の公式サイトを見る

米肌はkoseが販売する大人の乾燥肌向けスキンケア。

肌に浸透して、セラミドを生成する「ライスパワーNo.11」が配合されており、保湿成分を補うというよりは肌が自分で保湿力を高められるようにサポートしてくれるスキンケアです。

米肌2週間使用の水分量
私自身も使ってみましたが、14日間のトライアル終了時には肌の水分量が赤ちゃん肌並み(40%以上)に増えてプルプル!

部長
部長

保湿という点では米肌の右に出るものはいないのでは・・・

美容液はライスパワーNo.11が高濃度配合されており、医薬部外品に指定されています。

またこのトライアルセットに含まれる肌潤クリームはこっくりとしているのにベタつかず一日中潤いを肌に閉じ込めてくれます↓
肌潤クリーム
肌潤クリームの使用感

何を使っても潤わなかった・・・という30代からの肌には米肌は試す価値ありだと思います。

米肌は毛穴レス部満場一致の優秀アイテム。
大人の肌トラブルに使わない手はないです。

\\まずは14日間のトライアルがおすすめ//

米肌の公式サイトを見る

*公式サイトにジャンプします*

【第1位】L’ORACLE 〈オラクル〉

オラクルの7点セットで7日間。肌の土台力を高めるケアで肌トラブルを起こしにくい肌をつくる
オラクル

植物の力で肌にハリとツヤを与えて毛穴閉じを起こすオラクル

  • @cosmeで☆5以上高評価
  • オーガニックスキンケア・ノンケミカル
  • オラクルのアロマにハマる人多し
  • 初回77%OFF
  • トライアル使用で毛穴改善の兆しを感じるとの口コミ多数
オラクルトライアルセット

オラクルは、美肌の女優さんやモデルさんがSNSで紹介したことがきっかけで人気が高まったオーガニックスキンケア。

一つ一つのアイテムはけっこう高め・・・(ナイトクリーム10,000円以上)。

7点セットのトライアルで7日間お試しすることができます。

オットリコ
オットリコ

気に入ったアイテムの1点買いとかならなんとかなりそう♡

クレンジングからナイトクリームまでの7点セットなのですが、そのアイテムの中でも特に良かったのが化粧水と保湿クリームでした。

部長
部長

実際に口コミ評価も高いです。

オラクルの保湿クリーム「ナイト・ルネサンス
ナイトクリーム
クリーム・ルネサンス
濃厚だけど塗った後はベタつくことなくしっとり♡
イランイランとゼラニウムの素晴らしい香りがふんわりと広がり癒されます。

使っていた1週間は肌が驚くほどつややかに♡↓
オラクル使用時の肌

部長
部長

どうしてもオラクルを使い続けたかった私はその後、プチプラアイテムと組み合わせて数ヶ月継続してみました。

オラクルの体験レポに詳しくまとめているので参考にしてみてください。

\\7000円相当を86%OFFで試せる!//

オラクル・トライアルセットの公式サイトを見る

*公式サイトにジャンプします*

【第3位】ビーグレン

毛穴ケアの決定版!ビーグレンの毛穴ケアプログラム7日分トライアルは一度は試すべし!
ビーグレン

超微粒子のクレイ洗顔で毛穴汚れにアプローチしつつ、極小Qusomeカプセルで角質深部まで保湿

  • 4点セットで7日間。効果を実感する人多し
  • 泡立てない洗顔クレイジェルで肌がつるつる
  • 浸透する保湿Qusomeで長時間うるおい続く
  • 無期限返金保証
  • トライアルセットは1,944円(税込・送料無料)

ビーグレンの毛穴トライアル
ビーグレンは肌悩み別に8つのプログラムを選び(トライアル)そこから自分の肌に合うかどうかを試しながらアイテムを選んでいきます。

部長
部長

ちなみに私は毛穴プログラムを試しましたー!

その時に使った「モイスチャーゲルクリーム」の潤い感に感動。
一日中しっかり潤いをキープしてくれます。
ビーグレン・モイスチャーゲルクリーム
テクスチャーは柔らかめのゲル。
ビーグレン・モイスチャーゲルクリーム
さらっとしているのにいつまでもしっかりと潤ってくれます。
ビーグレン・モイスチャーゲルクリーム
モイスチャーゲルの方はさらっとしていますが、もっとしっとりさせたい場合には「リッチクリーム」がいいようです。

\\8つのプログラム(1,800円)をから選んでね!//

ビーグレンで8種類のトライアルセットを見る

*公式サイトにジャンプします*

評価項目を表でチェックしよう

上記ランキングの元となった評価項目は以下の通りです。

商品名米肌
「肌潤クリーム」
オラクル
「クリームルネサンス」
ビーグレン
「モイスチャーゲルクリーム」
商品画像
(トライアルセット)
※該当クリームを含む
オラクルトライアルセットビーグレン
保湿力10点9点8点
使用感10点10点8点
安全性9点10点9点
敏感肌7点8点7点
高機能10点7点8点
総合評価46点44点40点
公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

オットリコ
オットリコ

米肌が最も点数が高いですね!

部長
部長

ライスパワーNo.11は厚生労働省も「自活保水できる成分」として唯一認めた成分。
抽出に高い技術が必要と時間が必要となるため、まだまだお高いイメージですが、保湿力の高さ、潤いの維持力についてはかなり優秀です。

オラクルは自然由来&独自のブレンド&おしゃれ感で人気だし、ビーグレンは先端医療でも使われる「Qusomeカプセル採用」で角質全体に深く浸透させる技術が高く評価されています。

オットリコ
オットリコ

Qusomeって針の先端に50個も乗っちゃうほど小さいんですね!

部長
部長

だから角質深くまで浸透できるんだね。

それぞれに高技術と成分で保湿力を高めた優秀アイテムばかり。
ぜひ自分の肌にあったスキンケアをトライアルセットを通して見つけてみてくださいね。

毛穴レス部推しの第1位は「米肌」だよ♪

大人の頑固な毛穴の開き・黒ずみに保湿成分を生み出す「ライスパワーNo.11」が効果的な米肌シリーズ
米肌

自活保水として唯一国に認められた成分「ライスパワーNo.11」配合で自ら潤う肌に整える

  • 医薬部外品
  • セラミドを生み出す肌へ整える
  • 米由来の成分でしっとりとした使い心地
  • 低刺激・アレルギーテスト済み
  • トライアルセットあり
部長
部長

迷ったらこれ!

保湿クリームによくある質問

保湿クリームによくある質問をまとめました。

Q1. 保湿クリームと美容液ならどちらを選んだらいいですか?

A.美容液はお肌の栄養剤、保湿クリームは栄養+水分を閉じ込めるものと考えるといいかと思います。

詳しく見る
お肌の乾燥が気になる方は保湿クリームを、ハリ不足による小じわやキメの乱れがある場合には美容液で肌に栄養を加えると効果的です。 肌の状態に応じて使い分けることをおすすめします。

年齢を重ねた肌の場合には化粧水後に美容液と保湿クリームの両方を重ねると効果が高い傾向にあります。

Q2. 保湿クリームはニキビや角栓の原因になりますか?

A.脂性肌などで元々皮脂の分泌が多い場合にはニキビや角栓の原因になる可能性があります。乾燥によって皮脂が多く出ている場合には逆に、適切な油分を補うことで皮脂量を減らし、ニキビや角栓の予防に繋がります。

詳しく見る
肌の状態や年齢などの要因に影響されるため一概にはいえませんが、清潔な肌に行う保湿は一般的にはニキビや角栓の原因になりにくいと考えます。

Q3. 保湿クリームと乳液の違いはなんですか?

A.決定的に違うのは油分の量です。

 

詳しく見る
乳液にも油分は含まれますが、保湿成分を含む水分も多く含むため、流動性が高く角質への浸透が高いです。

逆に保湿クリームは油分の量が多く、角質への浸透とは別に肌表面にとどまって内部の水分を逃さないラップのような効果を発揮します。

最近は乳液なしで化粧水→(美容液)→保湿クリームが主流のスキンケアとなってきた傾向にあります。

 

Q4. 保湿クリームにエタノールが入っているものは乾燥しますか?

A.多くの保湿クリームに入っているエタノールは殺菌や抗菌目的であり、ごく少量であるため肌の乾燥は招きにくいです。ただし、敏感肌の場合少量のエタノールでも反応する場合があるため注意が必要です。

 

詳しく見る

原材料の前半に書いているものは配合量が多く、後半にいくほど配合量が少ないという決まりがあります。

保湿クリームの多くは後半にエタノールの記載があるものが多く、ごくわずかであることがうかがえます。

Q5. 保湿クリームは油焼けしますか?

A.原則、日中に使用OKとされているものに関しては油焼けの心配はありません。

 

詳しく見る
油焼けは油分の酸化や不純物が紫外線と反応することで、シミやくすみを招いてしまうこと。また油分により肌の透過性が高まると紫外線が入りこみやすく日焼けを起こしやすくなることなどを指します。

夜のみ使用する保湿クリームの場合、紫外線を浴びることで肌に赤みや痒みを起こす成分を含む場合もあります。シミケア成分のハイドロキノンなどが当てはまります。

タイトルとURLをコピーしました